2015年01月05日

日本山村硝子株式会社 埼玉工場(御稜威ヶ原) 後編

みなさんおまたせしました
日本山村硝子さん後編です

コントロール室から出るとそこには窯が…!

すごくあつい!!夏場には窯の外の温度が50℃近くになるそうです…!
熊谷の暑さ+窯の暑さに負けないでお仕事をしていらっしゃる
従業員の方を尊敬します
CIMG2290.JPG

窯から作業室を経てフィーダーという場所に
溶かされたガラスが流れていきます。
CIMG2291.JPG

このフィーダーからゴブという溶けたガラスのかたまりが落ちてきて、
いよいよ次は成形工程に入ります

成形は「製びん機」という機械で行われています手(パー)
日本山村硝子さんにはこの製びん機が7ラインあり、
1つのラインで同じ工程を同時に10セクション
行うことができるのです♪効率的!ぴかぴか(新しい)
CIMG2296.JPG
ゴブが落ちてきている様子

CIMG2299.JPG
馴染みのあるびんの形になりましたね
ビールびんかな??


びんの成形が終わると、徐冷工程に入ります
徐冷窯で約30分かけゆっくりと冷やされます
(一気に冷やすと歪や割れが生じてしまうそうです

徐冷窯。ここでガラスびんの温度を一度約560℃位まで加熱してから
徐々に常温まで戻していきます
CIMG2307.JPG

徐冷窯から出てきたところで
高速で表面保護のためのコールドコーティング剤が噴霧されます
(そのままの状態だとこすったりするとすぐに傷がついてしまうそうです
CIMG2310.JPG


コーティングが終わると検査工程に入ります目
CIMG2316.JPG
同じびんが一気に流れてきています。

検査はびり・寸法・肉厚等の検査→外観検査→目視検査という流れで行われています♪
びりとは…びん製造後に発生するびん容器特有の内部亀裂のことです。

それではいざ検査機へ!!
埼玉工場には検査機がなんとなんと!69機もあるんです
いくつもの検査機による綿密な検査と目視による人間の目での検査で
質のよいガラスびんだけが出荷されるシステムになっています
CIMG2318.JPG
びんの高さを確認したり、衝撃に耐えられるかどうかを
チェックしています。

CIMG2319.JPG
異常が見つかったびんははじかれて、
カレットとして再度利用されます

CIMG2321.JPG
まだまだ検査は続きます。

CIMG2322.JPG

CIMG2324.JPG
光センサーで、人間が判断できない程微細なブツや汚れ等が
ついているものをはじいています手(チョキ)
ちなみにかなり高速ですあせあせ(飛び散る汗)

CIMG2326.JPG
光を当てながら汚れやしわ等を目視で全数検査しています目
目視検査ができる人はきちんと社内認定試験をクリアした人だけなんだとか!
品質管理が徹底されている証拠ですね


それでは次の工程、包装・出荷に移っていきましょう

検査が終わったびんは一定数にまとめられ、
バルク包装されます

CIMG2330.JPG

1CIMG2331.JPG

CIMG2332.JPG

CIMG2328.JPG
このような流れで最上段まで積みあがると…

CIMG2333.JPG
段ボールで包装され、出荷できる状態になりました手(チョキ)

CIMG2334.JPG
倉庫の内部です。
先ほど包装されたびんたちが高く積み上げられ、
出荷を待っています
こちらの倉庫には常時1万3千〜4千トン保管されているそうです



ところで、みなさん びんの底って見たことありますか??
CIMG2339-1.jpg
じゃーん!こうなってます
アルファベットは会社・工場名をあらわしていますビル
日本山村硝子埼玉工場さんはYSと書かれていますよ♪
これからびん飲料や調味料を購入するときは是非裏側を見てみてくださいわーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)
日本山村硝子埼玉工場さんのびんに出会えるかも

また、点字によって1本1本違う番号で管理されています♪
検査段階で異常があったもののデータを集め、
よりよいガラスびんを作るため日々研究しているそうです


ここで、日本山村硝子さんに今力を入れていることについて聞いてみました手(パー)

かわいい環境への配慮・品質管理
ISO9001,ISO14001取得。
また、FSSC22000を取得し、消費者に安心して
手に取ってもらえるような製品を作っていますリボン

かわいい海外展開について
業界No.1のシェアを活かし、
先進国ガラスメーカーとの研究会(IPGR)への参加、
途上国(フィリピンやタイなど)への技術支援(GTR)を通して
海外への技術支援をしていらっしゃいます!
海外でも日本のすばらしい技術が活かされているなんて
嬉しいですね
また、中国、タイ、インドネシアに子会社を持ち、
積極的に海外展開を行っていらっしゃいます!



最後に今回対応いただいた方のご紹介です。
CIMG2341-1.jpg
向かって左側が工場長の天野さん、右側が総務課長の真下さんです
お忙しい中親切に対応してくださってありがとうございました



posted by 熊谷市商工業振興課 at 15:02| 日本山村硝子株式会社 埼玉工場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月22日

日本山村硝子株式会社 埼玉工場(御稜威ヶ原) 前編

みなさんこんにちは目
今年もまたさむーい季節がやってきましたね

今回の企業訪問日記はお馴染みのアリとノンで
日本山村硝子株式会社 埼玉工場 様を
訪問してきましたわーい(嬉しい顔)るんるんCIMG2342.JPG

日本山村硝子さんは1914年(大正3年)に創業、
今年で記念すべき100周年を迎えた歴史と伝統のある企業さんです


何を作っている会社なの目??

日本山村硝子さんは

ガラスびんカンパニー
プラスチックカンパニー
エンジニアリングカンパニー
ニューガラスカンパニー

の4つのカンパニー事業を行っている会社です

特にガラスびんに関しては業界シェアトップ(38.5%!!)
の出荷量を誇るスバラシイ企業さんなのです♪

今回お邪魔した埼玉工場はその「ガラスびんカンパニー」
あたりますひらめき

工場内にはガラス溶解窯が2炉、びんを成形する製びん機が7機あります
2つの窯のうち1号炉は色窯(主に茶色のびんのもとを作る窯)
2号炉は白(透明)専用の窯として使っているそうです

この2つの窯で年間約5億本のびんを作っているんですよ〜


エントランスから中に入ると見たことのあるびんがたくさん!CIMG2335.JPG

CIMG2336.JPG

CIMG2337.JPG
お酒好きなノンは少しテンションがあがりました


工場見学に入る前に、びんづくりの流れを教えていただきました(^○^)

原料受入→調合→溶解→温調→成形→徐冷→検査→包装→出荷
これだけの工程を経てびんは作られているんですね〜!

ヘルメット・ヘアネット・白衣・軍手・防護メガネを装着し、
耳栓を持っていよいよ工場見学に入ります
CIMG2327-1.jpg
臨戦態勢(?)のノン
普段からメガネのアリはかっこいい防護メガネを装着できなくて
残念がってました


それでは、まず原料から見ていきましょう
主原料…珪砂、ソーダ灰、石灰石など。
CIMG2286.JPG

副原料…芒硝(ぼうしょう)、酸化鉄、カーボンなど。
泡切れ、酸化還元材、色づけなどに使います。
CIMG2287.JPG

カレット(ガラス屑)…後で詳しく説明します。
CIMG2288.JPG

それでは原料を詳しく見ていきましょう♪

主原料の珪砂(けいしゃ)
CIMG2261-1.jpg

ケマートンって何?と思った方もいらっしゃるはず!

ケマートンとはオーストラリアの良質な砂のことです
砂からガラスができるなんてびっくりですよね

また、斜めになっているのには理由があって
水分の多い砂だと、素地品質に影響を与えるため、
ある程度、乾いた上澄みだけを掻いて炉の中へ入れ、溶かすそうです目

カレット
CIMG2270.JPG

いわゆるガラスのくずのことです
びんとして使えないガラスびんを砕いてカレットにします!
カレットは溶けやすいので、ガラスびんにしやすいそうですぴかぴか(新しい)

CIMG2277-1.jpg
左側→自然由来の原料から作ったエメラルドグリーン
右側→カレット90%のエコエメラルドグリーン(エコロジーボトル)
カレットの使用量を増やすことは廃棄物の削減につながるだけでなく、
省エネ、CO2の削減にもつながるとのことです!
(カレットの使用量を10%増やすと、2.5%の省エネになるそうですよエコですね〜!)


続いて調合・溶解・温調の工程を見ていきましょう
これらの工程はコントロール室で管理されています目
原料の調合は自動運転です
調合指図書というものがあり、コンピュータに数値を入力して自動制御しているんです!
そして調合された原料は一定量ずつ溶解炉に投入されます
炉内の温度は1500℃、ガラスは1150℃まで加熱され、溶けたガラスになります。

炉内はモニターで監視目CIMG2281.JPG

すごい勢いで火がふきだしました
CIMG2282.JPG

溶けたガラスの高さで量を管理しています
CIMG2283.JPG


CIMG2285.JPG
コントロール室を案内してくれた時田さんです(^○^)
わかりやすい説明をありがとうございました♪

後編では成形〜出荷直前までを紹介します
posted by 熊谷市商工業振興課 at 10:24| 日本山村硝子株式会社 埼玉工場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月18日

【番外編】MSD株式会社 特別授業「サイエンススクール」〜いのちと健康〜@長井小学校

皆さん、こんにちはー

寒くなってきましたが、風邪をひかないように気をつけてくださいね。

市内のものづくり企業を紹介する企業訪問日記ですが、今回は市内の長井小学校で、長井小学校のすぐ近くにあるMSD(今年の春に企業訪問日記で紹介した製薬会社)さんがいのちと健康をテーマにした「サイエンス・スクール」を実施するとのことで、またもやアリと新人のノンの二人で取材に行ってきました。

サイエンス・スクールって何?

文部科学省が発表した平成24年度の全国学力・学習状況調査における小学6年生の理科に関するアンケートで、理科への関心が低い傾向が明らかになっていますもうやだ〜(悲しい顔)

MSDさんは製薬企業であるため、「人々の生命を救い、生活を改善する革新的な製品とサービスを発見し、開発し、提供する」という企業のミッションの達成に必要不可欠と考えています。

そこで、小学校の科学教育、および将来の人材育成への貢献を目的に、社員参加型のCSRプログラムとして「サイエンス・スクール」を実施しています。(※CSR:企業の社会的責任)

「サイエンス・スクール」では、日本ユネスコ協会連盟さんとのパートナーシップのもと、MSDのサイエンス(科学)に関する強みを活かし、子どもたちにサイエンスの面白さや、実社会でサイエンスがいかに役立っているかをMSD社員自らが授業を通じて伝えるというものでするんるん

DSCN4718.JPG

授業では、”科学のルール”と称した「観察による問題発見」「結果の予想」「仮説の証明」の基本的な科学のプロセスが、「いのちと健康」の分野でいかに実社会に役立っているかを楽しく学びます。

MSDさんは2011年からサイエンス・スクールに取り組んでおり、今回の長井小学校で40校目になります。

MSDの妻沼工場には約200人の社員が働いていらっしゃいますが、本日のサイエンス・スクールには、工場長さんをはじめとしたMSD妻沼工場の社員さん18人がサポーター(スタッフ)として参加していました。

工場で働く人の約10分の1の出席者!!手厚い授業です。ぴかぴか(新しい)

また、18人の参加者のうち長井小学校出身者が2名と聞き、児童の皆さんも親しみが沸いてきていたようですグッド(上向き矢印)

児童は班ごとに分かれて、1班に1人のスタッフがつきます。

では、いよいよ当日のサイエンス・スクールの紹介です

まず講師のお兄さん、お姉さんからくすりの授業です。
DSCN4727.JPG

この授業では、小学校の教材などを参考にしながらわかりやすく教える一方で、科学の本質的な考え方を教えたいというMSDの社員の熱い思いが込められていました。

DSCN4715.JPG

授業ではくすりのことをクイズ形式で学んでいきます。
クイズの最後には表彰があると聞いて、児童に加えて何故かアリが色めき立ちますわーい(嬉しい顔)

1 体の中をめぐるくすり
くすりができるまでにはどのような過程があるのでしょうか?

くすりは次のような4つの段階を経て作られています。

@基礎研究 
 これはくすりの元をつくるものです。

A非臨床試験
 動物に行う実験です。

B臨床試験
 人に対する治験を行います。
 臨床試験によって人間の体にも安全に正しく、効果もあると実証された後に次の承認申請と審査になります。

C承認申請と審査
 国の機関による審査と承認を経て、くすりが販売されます。

新薬開発にはどのくらいの時間がかかるでしょうか?
上の@〜Cを経てくすりができるとなると結構な時間が必要そうです。
1年くらい?それとも3年くらいでしょうか。

実は平均して約9〜17年もの歳月がかかるのです。
それだけの長い期間、たくさんの方が効果の検証や品質向上に取り組んでいることで、効果があって安心して使えるくすりができるのですね。

どんっ(衝撃)ここで1問目のクイズです!! どんっ(衝撃)
Q.1 くすりを飲んでから効き始めるまでには、一般的にどのくらいの時間がかかるでしょう?

@飲んですぐに
A約15〜30分後
B約2時間後

答えは矢印の右を反転させてください。
→ (答え) A約15〜30分後

くすりは胃に入った後に小腸で吸収されます。 
小腸の中の柔毛の表面に血管があり、そこから吸収され、血液に混ざって全身へ運ばれます。

晴れくすりには色々な種類があります。
@飲むくすり      カプセル剤、錠剤、シロップ剤、粉ぐすり
A直接入れるくすり  注射薬、点鼻薬、点眼薬、座薬
B貼るくすり      湿布
C塗るくすり      消毒薬、軟膏

このように色々な種類のくすりがあるのはなぜでしょうか?
これは、くすりの効果を最大に発揮するように工夫されているからです。
飲むくすりは体の中でとける時間や場所を調整するために表面をコーティングしたりしています。
注射は体に直接入れて、血液に入ってから1〜2分で目的の場所に届くので、効果をすばやく発揮できます。

くすりがつくられたのはいつ頃でしょうか?
 実は現在病院でもらっているくすりはこの50年間の間に作られたものがほとんどなのだそうです。
 では50年以上前はくすりがなくて病気にどのように対応していたのでしょうか?

2 病気のことを知る
 14世紀にはペストが世界的に大流行し、ヨーロッパの人口の3分の1に当たる約2,000〜3,000万人の人が亡くなったといわれています。がく〜(落胆した顔)
 理由がわからず、次々と大勢の人が亡くなっていくというのは本当に恐ろしいですね。特にペストや天然痘(てんねんとう)といった伝染病は悪魔のしわざと思われていたんだそうですモバQ
 そのため、人々は神頼みやお祈り、お百度参りなどを行って病気を治そうとしていました。
 しかし、そんな時代でも科学者たちは病気の原因を探ろうと努力していました。

 今日の授業ではMSDの社員の方からみんなに覚えて帰ってほしいこととして科学者たちのルールの説明がありました。
◎科学者たちのルール
1.目の前でおきていることを観察する
2.結果を予想する(仮説を立てる)
3.予想が正しいことを証明する


 このとき、病気の原因を探ろうと努力をしていた科学者たちのルール「観察」に欠かせない道具が発明されます。
 
 顕微鏡ですサーチ(調べる)
 
 この顕微鏡によって、人の眼には見えないとても小さな生物「微生物」が存在していることがわかったのです。
 今から140年ぐらい前、ドイツ人の医者であるコッホ博士は謎の病気にかかって死んでしまった羊を調べていました。

<科学者たちのルール1 目の前で起きていることを観察する>
 まずコッホ博士が羊の血を顕微鏡でじっくりと観察します。すると、見たこともない不思議な微生物が発見されました 

<科学者たちのルール2 結果を予想する>
 そこで、コッホ博士は、「生き物は微生物によって、病気になるのではないか」と予想をしました。
 
 最後に<科学者たちのルール3 予想が正しいことを証明する>段階です。

どんっ(衝撃)突然ですが、ここで2問目のクイズですどんっ(衝撃)
Q.2 コッホ博士は「生き物は微生物によって、病気になるのではないか」と予想をしましたが、そのことを証明するためにどのような実験をしたでしょうか。

DSCN4747.JPG
みんなでMSDの社員の方と一緒にクイズの答えを考えます。

(答え)は矢印の右を反転してください。
→(答え)1 死んだ羊の血液を、生きている健康なネズミの体内に入れる。
     2 その後ネズミが死ぬ(病気になる)ことを確認。
     3 死んだネズミの血液から羊と同じ微生物を確認。

 このようにしてコッホ博士は、「生き物は微生物によって、病気になる」ということを証明しました。

3 くすり、治療の発見
 続いて、今から80年ぐらい前の話です。
 イギリス人のフレミング博士は細菌について調べていました。
 ある日、細菌の入った実験皿(シャーレ)を置きっぱなしにしていたところ、シャーレに何かが入ってしまいました。
 そのお皿の中身を捨てる前にじっくりと観察したところ、その何かの周りにだけ細菌が増えていませんでした。
 
どんっ(衝撃)ここで3問目のクイズです。どんっ(衝撃)
Q.3 シャーレの中に入った「何か」とはなんでしょうか?
 答えは矢印の右を反転させてください。→(答え)青カビ
 
 そこで、フレミング博士は、この青カビに細菌をやっつける力があるのではないかと予想したのです。
 その後、フレミング博士は他の科学者たちとの長い研究の末、青カビの成分には細菌が増えるのを防ぐ効果があることを証明し、「ペニシリン」という抗生物質を発見したのです。
  これは魔法のくすりで、これによって人類は感染症とたたかう「くすり」を手に入れたのですグッド(上向き矢印)
  ペニシリンは20世紀の大発見の1つと言われ、当時、戦争で傷つき破傷風になった兵士の多くの命を救い、1945年にノーベル賞を受賞しました。
 アリは青カビというと高級そうなチーズとかを思い浮かべますが、その仲間がそんなに凄い機能を持っているなんてびっくりでしたひらめき

4 くすり作り(軟膏作り)体験
MSD社員さんが今日のサイエンス・スクールで覚えて帰ってほしいことその2です。
 「何でこんなことが起こるの?もっと知りたい!」という気持ちを大切にして、科学者たちのルールを実践してほしい。

 今日はみんなでくすり作り体験をします。
DSCN4798.JPG
 ワセリンに粉(薬の成分)を入れてもそのままでは混ざりません。
 そこで流動パラフィンという油のようなものを加えて混ぜますが、ワセリンにどんな工夫をすれば均一に混ざるでしょうか?

 ここで科学者たちのルール2の出番です。
 そのまま混ぜたらうまく混ざらない・・・どうしたらよいか・・・そういえばコーヒーの粉末はお湯に入れると溶けるな・・・仮説として、ワセリンを温めてみましょう。

(1) ワセリンの湯煎(ゆせん)
  ビーカーに入っている白色ワセリンを、お湯の中に入れて、45℃程度になるまでよく混ぜます。
4766.jpg

(2) 食紅(しょくべに)を混ぜ入れる(くすりの成分の代わりに入れる)
  @食紅に流動パラフィンを混ぜます。
   本物のくすりの場合、効果を発揮する成分を入れますが、今回の軟膏づくり体験ではくすりの成分の代わりに食紅を使います。
4765.jpg
4770.jpg

  A@を白色ワセリンの入ったビーカーに入れてよく混ぜます。
4781.jpg
4784.jpg

  B食紅がケースに残っているので、もう一つの流動パラフィンでケースからすべて洗い出し、白色ワセリンに混ぜます。
4776.jpg

(3) ワセリンの冷却
 ビーカーを湯から取り出し、氷水につけながら、ワセリンが固まってくるまで、ゆっくり混ぜます。(温度計で20〜30℃が目安)
4786.jpg
4788.jpg
DSCN4794.JPG

(4) ケースづめ〜完成〜
 薬さじとヘラを使ってケースにつめて完成です。
4795.jpg
DSCN4797.JPG
4803.jpg

袋の裏には工場長さんがスタンプを押してくれます。
DSCN4802.JPG

 児童はみんな熱心に実験に参加していました。
 
5 バーチャル工場見学
妻沼工場の内部を撮影した本邦初公開のビデオで錠剤をつくる過程をバーチャル工場見学します。

@着替え:衛生管理のため、清潔な服に着替えます。

Aはかる:原料を正確に量ります。

B混ぜる:粒をつくる→温風で乾かします。→ふるいにかけて大きさをそろえます。→大型の機械で混ぜ合わせます。(2〜3回)

Cかためる:1トン〜2トンと強い力で押し固められ、型を取ります。1時間になんと10〜20万錠できます。

Dコーティング:コーティング液でコーティングします。これは苦いくすりを飲みやすくしたり、光に弱いくすりを保護したり、体のどこでくすりが溶けるかを調整するものです。

E検査:欠け、汚れ等問題があるものは自動で除かれます。1時間に10〜20万錠検査ができます。

F包装:検査を合格した製品を包装してできあがりです。

6 質問タイム 
児童からMSDの社員の方にこの場を借りて質問です。
 1 ジェネリックって何?
DSCN4809.jpg
DSCN4811.JPG
(回答:浅見工場長)
  新薬はお金や時間をかけて苦労して作ります。そのため最初に作った人が作ってから何年間かは特許を取って作った人たちだけが作れるようにします。それから何年間か経って特許が切れたとき、安く作って多くの人にくすりを使ってもらうため、他の会社がその新薬と同じ効用を持ったくすりを作れるようになります。
  
2 MSDマークの由来は?
DSCN4812.jpg
DSCN4718.jpg
 形は砂時計、乳鉢と乳棒、小宇宙、原子、薬(錠剤)をイメージし、友好的、ひとを大切にする、グローバルであるという企業キャラクターを丸い形で表しています。
 詳しくはHPで(http://www.msd.co.jp/about/summary/msd/Pages/home.aspx)。

7 表彰式
 クイズがよくできたチームの表彰式です。みなさんよくできました
DSCN4817.JPGDSCN4818.JPGDSCN4820.JPGDSCN4822.JPGDSCN4823.JPGDSCN4825.JPGDSCN4826.JPGDSCN4827.JPGDSCN4828.JPG
 

8 長井小学校の児童からMSDさんにお礼のことば
サイエンス・スクールの締めくくりに長井小学校の児童から
お礼のことばが贈られました。
DSCN4830.JPGDSCN4831.JPG
4832.jpg
DSCN4834.JPG

「くすりができるまで長い時間がかかると聞き、大変な苦労をしてみんなの健康に役立つ薬ができているのだと感心した」という声や「今日学んだことをこれからの生活に活かしていきたい」という声が聞かれました。

みなさん今日のサイエンス・スクールで学んだ科学者たちのルールを実践して目指せノーベル賞!

今回の企業訪問日記の最後に工場長さんのお言葉です。
DSCN4840.JPG
サイエンス・スクールは、当社の製薬会社としてのサイエンスの強みを活かし、小学校の科学教育へ貢献することを目的に、日本ユネスコ協会連盟とパートナーシップのもと行っている訪問授業です。
この活動に参加しているMSD社員は全てこの趣旨に賛同し、地域貢献活動として参加しています。
昨年に引き続き、MSDの妻沼工場のお隣である長井小学校でサイエンス・スクールを実施でき、大変うれしく思っております。
サイエンス・スクールを通じて、子どもたちが科学の楽しみを感じ、科学には生命を守る力があることを理解してもらえる機会になればと願っています。

最後に今回サイエンス・スクールで授業を行った皆さんです。
本日は楽しい授業をありがとうございました。DSCN4838.JPG
posted by 熊谷市商工業振興課 at 13:00| MSD株式会社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。