2012年10月01日

【番外編】立正大学 熊谷キャンパス Part2 後編

まだまだカンカン照り晴れな熊谷〜♡
立正大学熊谷キャンパスPart2の後編をお届けしますぴかぴか(新しい)

後編では、ロ〇グブレス副課長とアリエリは図書館と博物館にお邪魔しました♡

かわいいお邪魔したのは、立正大学熊谷図書館ビル
ここには、一般図書の他にDVDやVIDEOなどの視聴覚資料も非常に充実しています!
静かでクリアな図書館の雰囲気、学生のときはテスト前に図書館にこもったな〜と懐かしくなりました目
本の虫のアリも目をキラキラさせて喜んでおりました目ぴかぴか(新しい)

しかも、ここには、宝物が眠っているのですプレゼント

その名も・・・
(効果音 パッパラパー演劇

地理学 田中 啓爾(たなか けいじ)先生のコレクションによる『田中啓爾文庫』です!!
江戸期の和装本、古地図など、貴重な資料を多数所蔵していまするんるん

今回は主に田中 啓爾先生のコレクションを紹介します〜揺れるハート
こんなにもたくさん江戸時代の資料があると圧巻ですexclamation×2
江戸時代にタイムスリップした気分ですわーい(嬉しい顔)

DSCN0687.JPG
(様々な貴重な史料を用意していただきました。)

かわいい道中図(江戸時代の陸海路の旅行案内用の絵図)

DSCN0689.JPG

「大日本道中細見記(1864)」江戸を中心とした道中図で、館林(館林市)・忍(行田市)・岡部(深谷市)などが確認できました揺れるハート
「岐蘓路安見絵図(きそじ やすみ えず)(1756)」木曽路の宿駅間を表現したもので、「熊谷」という地名を発見できましたぴかぴか(新しい)
今から256年前の地図に熊谷の地名があるなんてなんだか感動です(アリの目がうるうるしてましたもうやだ〜(悲しい顔)

かわいい長崎和蘭陀屋舗図(ながさき おらんだ やしきず)「出島全景図」出島図全体のなかでも品格の高さは逸品です

DSCN0680.JPG

「蛮酋飲宴図(かぴたん いんえんず)」出島内の日常風景が描かれていまするんるん

DSCN0684.JPG

DSCN0683.JPG

上の2枚の絵を見比べて、みなさん何かムムム?と思いませんか?

実は下はパリの国立図書館にある資料なのです。すっかり同じ構図ですよねグッド(上向き矢印)
しかし、よーーーーく見ると目遊女の描写の違いなど微妙に異なるところも・・パリのほうが圧倒的に遊女の数が少ないですよね、面白いですねわーい(嬉しい顔)

図書館では、優しく詳細まで私たちに教えてくださった司書さんたちるんるん
DSCN0690.JPG

古地図に魅了されちゃいました!お時間ありがとうございましたわーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)


かわいい最後に立正大学博物館へダッシュ(走り出すさま)
な、なんと!!!一般の方にも開放しているそうなので、市民の皆さまも足を運んでみてはいかがですかexclamation&question
考古学の貴重な史料が見られますよ♡
旧石器時代〜近世までの貴重な資料がご覧いただけますよリボン

博物館パンフ.JPG

博物館パンフ2.JPG

ひらめき撫石庵(ぶせきあん)コレクション
真鍋 孝志 氏(日本古鐘研究会会長)寄贈の梵音具・仏像のコレクションで、日本をはじめ朝鮮半島・中国・タイなどアジア各地の青銅の鐘があります。
大きいものだと1メートルくらいの鐘もありましたよ!なかなか一度にこんなにたくさんの鐘を見ることはないですよね〜ふらふら
一つ一つの大きさも柄も違って、それぞれの国からやってきたのにどこか似てる、世界ってつながっているんですね!なーんてかっこいいこと言ってみるエリ(ドヤ顔)黒ハート

撫石庵.jpg
(参照 立正大学博物館ホームページ http://www.ris.ac.jp/museum/exhibition/data2.html

縄文土器や石器なども間近に見ることが出来、とっても貴重な体験が出来ましたるんるん

学生の皆さま、教科書では見たけど実際に縄文土器が見たいの!というアツい気持ちを持って博物館に行ってみてはいかがでしょうかハートたち(複数ハート)
大人の皆さま、学生の頃の勉強とはまた違ったゆっくりした雰囲気の中で歴史や考古学を感じることが出来る施設ですよハートたち(複数ハート)

開館日月・水・木・金・土(ただし、大学休業日を除く)
開館時間10時から16時まで立正大学開校140周年の記念すべき年に、是非立正大学を訪れてみてはいかがでしょうか?
くいしんぼうなエリもお腹がいっぱいになるおいしい学食も食べることが出来ますよレストラン喫茶店

番外編の立正大学はいかがでしたか?少しでも身近に感じてくださると嬉しいです(*^_^*)♡


--------------------------------------―
立正大学 熊谷キャンパス
埼玉県熊谷市万吉1700
п@048-536-6010
http://www.ris.ac.jp/





posted by 熊谷市商工業振興課 at 13:09| 立正大学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月10日

【番外編】立正大学 熊谷キャンパス Part2 前編

ハートたち(複数ハート)アリエリファンの皆さま大変お待たせいたしました!(アリエリファンっているのかな、エリ心のつぶやき)

8月下旬なのにまだまだ暑い熊谷晴れ
本日は緑が溢れ木陰がたっぷりクリスマスで自然のクーラーを体験できるかもしれない?
【番外編】立正大学熊谷キャンパスPart2をお送りしますexclamation×2

ロ〇グブレスのDVDを購入しスタイルの維持に励んでいる副課長わーい(嬉しい顔)(柔道がとっても強い、らしい)とアリエリの3人で訪問させていただきました黒ハート

今週のアリエリは!!
かわいい立正大学社会福祉学部社会福祉学科教授の堺 正一先生インタビュー
かわいい立正大学の宝物〜田中 啓爾先生の古地図を発見〜
かわいい大昔にタイムスリップ!〜立正大学博物館へ〜の三本をお送りします!!!(サ〇エさん風の勢いで読んでくださいね)

お魚くわえたエリ.png
(作 アリ画伯)

かわいいまず最初は、立正大学社会福祉学部社会福祉学科の堺研究室へ訪問〜!
DSCN0674.JPG
(本と手作りおもちゃが溢れんばかりのきれいな研究室)

すると、たくさんの小論文を添削している先生がいらっしゃいましたぴかぴか(新しい)
先生のモットーは「学生からの小論文はその日のうちに添削して返却する」ことだそうで、非常に丁寧に指導していらっしゃることに感動!
そして、柔らかい物腰と素敵な笑顔が印象的でしたわーい(嬉しい顔)
DSCN0671.JPG
(カラスの手作りおもちゃと先生)

かわいい堺 正一先生は「特別支援教育」を専門としていて、堺ゼミでは全ての学生さんが特別支援学校の教員を目指し、卒業生は県内を中心に活躍されています【特別支援教育ってなんだろう!?という方はこちらをクリック⇒「特別支援教育」(文部科学省のページにつながります。】

かわいいエリが堺ゼミに初めて出会ったのは、昨年の子ども大学くまがやの修了式でしたー(長音記号2)
アトラクションで「新 ブレーメンの音楽隊」演じてくれた学生さんたち。
黒ハート手作り感・そして温かさ溢れる心がほんわかするストーリー黒ハートを脚本から公演まですべて学生さんが行ってくれましたハートたち(複数ハート)
ブレーメン脚本写真.JPG
(新 ブレーメンの音楽隊脚本)

「自分がなんであろうと、相手がなんであろうと、どんな過去があり、今がどんな状況で、どんな未来が待っていようと、相手を信じ、受け入れ、絶対に見捨てないで、支えあっていくことが、現代の私たちにとって、特に大切なのではないでしょうか?」
劇中のセリフなのですが、このセリフにこそ堺先生のマインドがしっかりと受け継がれているんだな〜もうやだ〜(悲しい顔)とインタビューを経て思いましたひらめき

昨年LADY GAGAJIJI課長も新ブレーメンの音楽隊を見たときに「いや〜良かったよ、いい話だった!!」と大絶賛していましたグッド(上向き矢印)

ミュージカルを演じるうえで、堺先生がゼミ生に伝えることは「照れは捨てる」という事。
恥ずかしがり屋さんもみんな変わっていき、目標を持つことによって「学生は変わる!!」そうです目
ミュージカルはそのための『道具』なのだそうexclamation×2
協力し合い、共同作業を行うことで、ゼミ生は全員仲良し!共通点は、「子どもが大大だーいすきなこと」・「ボランティアは当たり前!の精神」を持っていること揺れるハート

DSCN0672.JPG
(歌も披露してくださいました)

かわいい研究室に入ると、カラフルですっごくカワイイたくさんのおもちゃが目に入ります黒ハート

4年間で堺ゼミ生はお金と時間をかけず、紙芝居や人形など遊びながら学べるような教材(おもちゃ)をパッとつくれるようになりますプレゼント
「学生(先生の卵)の子供への愛情」が「親から子供への愛情」に近づけるように・・・目の前の子どもに合わせた教材を作れるような教員を養成することが目標ですひらめき
「エリは不器用だからな〜」とこぼしたら先生がすかさず「子どもへの愛情があれば必ず作れるようになるものなんだよわーい(嬉しい顔)」と、、うむうむ確かに。

かわいいインタビューを通して、先生は温かい黒ハートハート黒ハートをお持ちで、座学だけでなく実践的に教員の養成を行っているなという印象を受けましたぴかぴか(新しい)
「教員」になるためのゼミではなく「どんな教員」になりたいのかを考えさせてくれるようなそんな先生でしたひらめき
堺先生ありがとうございましたわーい(嬉しい顔)

後編は、立正大学の宝物〜田中 啓爾先生の古地図を発見〜、大昔にタイムスリップ!〜立正大学博物館へ〜
をお送りしますぴかぴか(新しい)
お楽しみにリボン

--------------------------------------―
立正大学 熊谷キャンパス
埼玉県熊谷市万吉1700
п@048-536-6010
http://www.ris.ac.jp/
posted by 熊谷市商工業振興課 at 15:32| 立正大学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月08日

【番外編】立正大学 熊谷キャンパス Part1

今日は番外編で、熊谷市内にある
立正大学(りっしょうだいがく)熊谷キャンパス(地球環境科学部、社会福祉学部、法学部)を訪ねましたexclamation
立正大学は、今年開校140周年を迎えました!おめでとうございます!

さらに、ニュースですexclamation×2
立正大学熊谷キャンパスは春には桜並木がとてもきれいなんですよかわいい
DSCN0653.JPG

DSCN0654.JPG
(2012.4.8撮影したときは、まだ2分咲きでしたあせあせ(飛び散る汗)
いかがですか〜?!、これぞ日本の風景といわんばかりに立派な桜並木がありまするんるん
来年はぜひ散策してくださいね★

ひらめき立正大学の敷地は、約35万uなんと東京ドーム(46,755u)7.5個分なんですよ!豊かな自然に溢れ、ラグビー場や野球場などのスポーツ施設やとってもきれいな学生寮(ユニデンス)もあり、外国のキャンパスのようなスケールです黒ハート
立正大学熊谷キャンパス 地図.gif

アリエリもこんな自然たっぷりな環境で学びたかったです!豊かな自然で感性も豊かになりそうかわいい
大学の構内には、地域に親しまれている大学として学生だけでなく子どもからおじいちゃん・おばあちゃんまでが散歩をしたり、くつろいだりしていますわーい(嬉しい顔)

ひらめき立正大学のブランドビジョン
「モラリスト×エキスパート」
ここに込められた思いとは、「モラル」を基盤として学生ひとりひとりが「これだ!」と追求したくなる専門分野を見つけこの世界をより良いものにしていく原動力となる人材を輩出していくことだそうです。

ひらめき今回は、はじめに学内にある『子育て支援センターベアリス』を訪問しました。

033.JPG

リボンベアリスとは?
2011年4月に市内17番目の子育て支援拠点としてオープンしましたぴかぴか(新しい)
親子(対象は未就学児のお子さん)で自由におもちゃや絵本を利用できる遊び場が提供され、体操や行事なども体験できますぴかぴか(新しい)
030.JPG
(絵本コーナー)

手作りのおもちゃや木のおもちゃがあったかい雰囲気をつくりだし、天井も高いのでとっても開放感のある空間です晴れ
IMG_2695.JPG
(お母様の許可を得て特別に撮影しています。)

リボンベアリスの特徴は、なんといっても立正大学社会福祉学部内にあることexclamation×2
スタッフとして保育士が常駐し、親子とベアリススタッフの交流だけでなく、学生(おにいさん・おねえさん)との交流も図れます!
他にも、専門家のバックアップも受けられます。社会福祉学部の教授の方に無料で相談することもできるそうですよるんるん

さらにさらに、社会福祉学部の先生の手作りおもちゃや、ドイツ製のおもちゃがたくさんあって、おうちとは違ったおもちゃで遊べます揺れるハート
023.JPG

ひらめきスタッフの方にインタビューるんるん
リボン「ベアリスってずばりどのような場なんですか?」
『親子が主役なんです』
親子が一緒に遊びながら、親同士・子ども同士のコミュニケーションができて保育園、幼稚園とはまた一味違ったおもしろさがあります揺れるハート
取材の時にいらっしゃった親子さんもはじける笑顔で、時折笑いも起きていて、みんなで子どもの成長を楽しむ、という環境ができあがっている印象を受けましたわーい(嬉しい顔)
お母さん同士が友達になり、学食でランチをしながら、「どこの幼稚園にするの?」「〜のファミレスは子供用のいすがあるよ」など積極的に情報交換を行っているようですぴかぴか(新しい)

リボン「ベアリスってどうやって参加できるんですか?」
ベアリスの登録料は無料
火曜日から土曜日の9時10分から14時10分まで開いていますよexclamation
熊谷市の人はもちろん滑川町や東松山市からの参加者も多いようですぴかぴか(新しい)

エリは、アリが父親のような眼差しでおそるおそるお子さんと接しているのを見て、本当に驚きを隠せませんでしたもうやだ〜(悲しい顔)
アリはきっといいお父さんになりそうです(笑)婚活中だそうなのでお早めにー(長音記号2)

032.JPG(スタッフの皆さん)
ベアリススタッフの皆さん、いらっしゃったご家族のみなさん、ありがとうございました。
立正大学近隣の未就学児のお子さんをもつ方はぜひぜひ行ってみてはいかがでしょうか?るんるん

ベアリスからの帰り道、お兄さんに遭遇!急きょインタビューを受けてくださることに!!
突然の訪問を温かく迎えてくださった方は、
『ボランティア活動推進センター(通称:ボラセン)』にいらっしゃいます揺れるハート

ひらめきボラセンって?!
学生のボランティア活動のサポートボランティア情報の収集・提供、そしてボランティアを希望する学生とボランティア先との橋渡しを行っています。地域の皆さんから頼りにされているとの実感があるそうですよ揺れるハート
さらにボランティアの依頼は、個人・団体を問わず受付けているそうですよわーい(嬉しい顔)

今回は、ボラセンの運営スタッフである立正大学社会福祉学部大学院生の藤井さん(今春卒業)にお話を伺いました黒ハート
036.JPG

リボン「どれくらいの学生が登録されているんですか」
学生の登録数は約1000人!熊谷キャンパスの学生全体の4分の1にあたるんですってクラブ
社会福祉学部の学生全員のほかに地球環境科学部、法学部の学生も登録されているんですってぴかぴか(新しい)
意識が高い学生がとても多いなという印象を受けましたグッド(上向き矢印)

学生スタッフ約30人で運営し、年間の目標をつくって取り組んでいるそうですよるんるん
藤井さんは、学生スタッフが主体的に取り組めるようにアドバイスをしているそうです!!

リボン「地域の皆さんが参加できるイベント等はありますか」
毎年、秋に行われる立正大学の学園祭 星霜祭では、ボラセン主催のシンポジウムが行われています。
昨年は被災地で支援活動を行った医療関係者が講演をされ、非常に臨場感のあるお話を伺うことができたそうです。一般の方の来場も受け付けているそうなので、今年の秋にはぜひ足をはこんでみてくださいね。

ひらめき最後に・・・
藤井さんがインタビューを通しておっしゃっていたことは、
ボランティアは社会資源の一部であるから、地域のニーズに応え、みんなが活用できるボラセンにしていきたいということ。
アツい情熱をお持ちの藤井さん。ボランティア活動を通じて地域とのつながりを持つことをとても大切にしていらっしゃる印象を受けました。

ご協力いただきましたみなさん、ありがとうございました!!
035.JPG(学内にあるてづくりオブジェ)

近日公開予定のPART2では、社会福祉学部の教授インタビュー、立正大学博物館・図書館の様子をお知らせします!

--------------------------------------―
立正大学 熊谷キャンパス
埼玉県熊谷市万吉1700
п@048-536-6010
http://www.ris.ac.jp/
(※今回の写真はご家族の方の了承を得て掲載しています。無断転載等は固く禁じます。)


posted by 熊谷市商工業振興課 at 16:31| 立正大学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。