2014年05月19日

MSD株式会社 妻沼工場(西城) 前編

熊谷は夏は暑いですが、冬は寒いです!
アリに至っては懐も心もさむ・・・悲しい独白はここまでにして今回の企業訪問日記のスタートです!
※冬に取材を行いました。

今回は西城(にしじょう)にあるMSD株式会社妻沼工場様に訪問してきました。
訪問したのはチャーリーわーい(嬉しい顔)とアリもうやだ〜(悲しい顔)の二人ですダッシュ(走り出すさま)

MSD外観.png
(工場外観)かっこいい!!

MSD航空写真.png
(工場航空写真)広い!!!

工場の敷地面積はなんと171,809u!!!東京ドーム4つ分の敷地です!!!

この広大な敷地でMSD株式会社様は何を作っているのでしょうか目

実はMSD株式会社様は製薬会社さんなのです。
ここ妻沼工場は、以前は万有製薬株式会社の工場でしたぴかぴか(新しい)

ここ妻沼工場では糖尿病治療薬を始め、骨粗鬆症治療薬、緑内障点眼薬、
肺炎球菌ワクチン等28品目の医療品及びワクチンを製造
していらっしゃいます。

また、MSD株式会社様ではこのブログをご覧の皆様も
普段お使いになっているような医薬品を製造されていますが、
全て医療用医薬品、つまり病院から処方箋をいただいて
調剤薬局で受け取る薬のため、商品名を公表することができませんもうやだ〜(悲しい顔)

お医者さんではその患者さんに合ったお薬を選んで処方してくれますが、
医療用医薬品は薬事法という法律によって、患者さんや一般の方に
直接宣伝することを禁じられているのですがく〜(落胆した顔)

そのため今回の訪問日記では画像を適宜加工して掲載しています。

前編では工場内の包装工程を、後編では物流工程をご紹介しますが、
その前にまずはMSD様の事業概要のご紹介ですぴかぴか(新しい)

◎MSD株式会社の概要
MSD株式会社妻沼工場は1982年に設立され、現在約300人が勤務しています。

元は、1915年から続く万有製薬株式会社の工場です。
2010年10月1日、万有製薬とシェリング・プラウという2つの製薬会社が統合して、
MSD株式会社となりました。

MSD株式会社は世界140カ国以上に事業拠点を設け、
従業員は約74,000人もいらっしゃいます。

まさにグローバルな企業です飛行機

MSD株式会社様のミッションは
「人々の生命を救い、生活を改善する革新的な製品とサービスを発見し、開発し、提供すること」。

全ての人々へ最良の医薬品を届けるために、そして人々の未来をより良くするために社員全員が、
日々の仕事に全力で取り組まれていますひらめき

その姿勢は今回見学させていただいた中でも垣間見られます猫

創業当初から変わらない、薬提供への思い
MSD株式会社様の医薬品提供への思いは、創業当初から変わることなく、
今も受け継がれています。

米国本社の創業者の息子であり創成期に社長を務めたジョージ・W・メルク氏は、
次のような言葉を残しました。

ジョージ・W ・メルク.png

医療品は人々のためにあるのであり、利益のためにあるのではないことを決して忘れてはならない。
 (中略)
どのようにすれば全ての人々に最良の医薬品を届けることができるだろうか。
その答えを見出し、最高の成果を全人類にもたらすまでは休むことはできない。 ジョージ・W ・メルク


人を思い、人のために挑戦し続けていくという理念は、
今までも、そしてこれからも変わることはありませんもうやだ〜(悲しい顔)

MSD株式会社様は、患者さんを助け、人々の生活を改善するために、
よりよい医薬品提供に全力で取り組み、世界最高の品質基準で、
世界最高の医薬品を提供されていますパンチ

○工場内のご紹介
 1 更衣棟
いよいよ工場内のご紹介です。

まずは更衣棟で清潔な服装を着用します。
更衣棟写真3.jpg

こちらは更衣棟の外観です。この写真の中でどこか普通の建物と違う部分
があることにお気付きになりますでしょうか。

写真の左上をよく見ると、凛々しい表情をしたおじさんの顔が・・・モバQ



写っているなんてことはなくて、もっと実用的な工夫が凝らされています。

更衣棟写真(拡大).png

更衣棟の入口の窓ガラスに映った電灯の光を見ていただくとわかりますが、
実は更衣棟の入口にある窓ガラスが黄色くなっていますひらめき

これは虫を寄せ付けないための対策ですドコモポイント

薬の大敵といえば、虫。

どなたも虫が夜中に電灯に集まっている光景をご覧になったことがあることと思います。

アリのように夜中に放浪中、虫の群れに突っ込んで
傍目から見たら一人で暴れている人のように見える感じで
逃げたことも一度や二度ではないという人も多数いらっしゃることと思いますがく〜(落胆した顔)

ここでは、虫が建物内に侵入してこないように
窓ガラスを黄色くして光を漏らさないようにして
虫が寄ってくるのを防いでいるのです。

さて、更衣棟の中に進入です。
更衣棟の階段を上ると見えてきたのは休憩スペース。

休憩スペース.jpg

アリなんかが一度休んだらもう二度と立ち上がれなくなりそうなくらい
快適そうな個別スペースでしたグッド(上向き矢印)

工場内では温度と湿度が徹底管理されていますいい気分(温泉)

さらに差圧管理(気圧の管理)もされ、室内を外よりも高圧にすることで、
虫と並ぶ薬の大敵であるホコリなどが入らないようにしているのですどんっ(衝撃)

企業にとっては人が大事なのは当然ですが、
工場内では人よりも製品にとって過ごしやすい環境が整えられていまするんるん

更衣棟では
@脱衣所で手の洗浄をし、
Aエアシャワーを浴びて、
Bユニフォームを着て、
C手をアルコール消毒し、
D再びエアシャワーでユニフォームの付着物を除き、
万全の態勢で工場へ向かいます。

更衣後の写真.jpg
※万全の態勢になり、チャーリーも思わず腰に手を当てたポーズになります。

2 包装工程
いよいよ包装工程のご紹介です。

PB130050.JPG

PB130066.JPG

機械はケガをしないようにカバーで覆われていますが、
ガラス張りになっており、異常があった際にもすぐに確認できるようになっていますぴかぴか(新しい)

@ 包装機械
こちらでは目にも止まらぬ早さで製品が包装されていきます目

R0013417.JPG

R0013418.JPG

R0013425.JPG

R0013440.JPG

R0013439.JPG

R0013443.JPG

R0013444.JPG

こちらでは錠剤の束をまとめて運んでいます。
R0013477.JPG

R0013478.JPG

R0013479.JPG

R0013480.JPG

R0013481.JPG

R0013483.JPG

R0013482.JPG

この後、箱詰めをして貼付書をつけていますが
貼付書にはレーザーで製造番号等を焼きこんでいきます。

その後焼きこんだレーザーにずれがないか機械でチェックを行います。
バーコード読み取り.jpg

少しレーザーのずれがある場合などちょっとした異常があるとそれを感知して、
ラインからはじきます。凄い時代になったものですどんっ(衝撃)

A 自主保全リスト
工場内には自主保全リストがあります。

自主保全リスト.jpg

 これは通常機械の保守・修理などは保守などを担当している部署の方が行うことが多いと思いますが、
MSD様では自分たちの機械は自分たちで管理しようという考えからこのようなリストを作り、
管理されていますグッド(上向き矢印)

B エフ一覧表
エフ一覧表という表には気になるところを逐次書いています。

エフ一覧表.jpg
 
MSD株式会社様では製造業の現場で有名なトヨタ生産方式をベースとした
メルク生産方式
を開発し、合理化にも日々務めていらっしゃいます。
(例、見える化活動、予防保全、改善活動、情報の共有化の工夫等)

※トヨタ生産方式とは・・・トヨタ車を作るに当たって採用されている無駄のない生産方式です!!

チャーリーと話していて思ったことは工場内が非常に綺麗だということでした!見習いたい!!

以上で前編の包装棟のご紹介は終了です。
後編では物流棟をご紹介します。お楽しみに!!


posted by 熊谷市商工業振興課 at 11:07| MSD株式会社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。