2012年10月01日

【番外編】立正大学 熊谷キャンパス Part2 後編

まだまだカンカン照り晴れな熊谷〜♡
立正大学熊谷キャンパスPart2の後編をお届けしますぴかぴか(新しい)

後編では、ロ〇グブレス副課長とアリエリは図書館と博物館にお邪魔しました♡

かわいいお邪魔したのは、立正大学熊谷図書館ビル
ここには、一般図書の他にDVDやVIDEOなどの視聴覚資料も非常に充実しています!
静かでクリアな図書館の雰囲気、学生のときはテスト前に図書館にこもったな〜と懐かしくなりました目
本の虫のアリも目をキラキラさせて喜んでおりました目ぴかぴか(新しい)

しかも、ここには、宝物が眠っているのですプレゼント

その名も・・・
(効果音 パッパラパー演劇

地理学 田中 啓爾(たなか けいじ)先生のコレクションによる『田中啓爾文庫』です!!
江戸期の和装本、古地図など、貴重な資料を多数所蔵していまするんるん

今回は主に田中 啓爾先生のコレクションを紹介します〜揺れるハート
こんなにもたくさん江戸時代の資料があると圧巻ですexclamation×2
江戸時代にタイムスリップした気分ですわーい(嬉しい顔)

DSCN0687.JPG
(様々な貴重な史料を用意していただきました。)

かわいい道中図(江戸時代の陸海路の旅行案内用の絵図)

DSCN0689.JPG

「大日本道中細見記(1864)」江戸を中心とした道中図で、館林(館林市)・忍(行田市)・岡部(深谷市)などが確認できました揺れるハート
「岐蘓路安見絵図(きそじ やすみ えず)(1756)」木曽路の宿駅間を表現したもので、「熊谷」という地名を発見できましたぴかぴか(新しい)
今から256年前の地図に熊谷の地名があるなんてなんだか感動です(アリの目がうるうるしてましたもうやだ〜(悲しい顔)

かわいい長崎和蘭陀屋舗図(ながさき おらんだ やしきず)「出島全景図」出島図全体のなかでも品格の高さは逸品です

DSCN0680.JPG

「蛮酋飲宴図(かぴたん いんえんず)」出島内の日常風景が描かれていまするんるん

DSCN0684.JPG

DSCN0683.JPG

上の2枚の絵を見比べて、みなさん何かムムム?と思いませんか?

実は下はパリの国立図書館にある資料なのです。すっかり同じ構図ですよねグッド(上向き矢印)
しかし、よーーーーく見ると目遊女の描写の違いなど微妙に異なるところも・・パリのほうが圧倒的に遊女の数が少ないですよね、面白いですねわーい(嬉しい顔)

図書館では、優しく詳細まで私たちに教えてくださった司書さんたちるんるん
DSCN0690.JPG

古地図に魅了されちゃいました!お時間ありがとうございましたわーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)


かわいい最後に立正大学博物館へダッシュ(走り出すさま)
な、なんと!!!一般の方にも開放しているそうなので、市民の皆さまも足を運んでみてはいかがですかexclamation&question
考古学の貴重な史料が見られますよ♡
旧石器時代〜近世までの貴重な資料がご覧いただけますよリボン

博物館パンフ.JPG

博物館パンフ2.JPG

ひらめき撫石庵(ぶせきあん)コレクション
真鍋 孝志 氏(日本古鐘研究会会長)寄贈の梵音具・仏像のコレクションで、日本をはじめ朝鮮半島・中国・タイなどアジア各地の青銅の鐘があります。
大きいものだと1メートルくらいの鐘もありましたよ!なかなか一度にこんなにたくさんの鐘を見ることはないですよね〜ふらふら
一つ一つの大きさも柄も違って、それぞれの国からやってきたのにどこか似てる、世界ってつながっているんですね!なーんてかっこいいこと言ってみるエリ(ドヤ顔)黒ハート

撫石庵.jpg
(参照 立正大学博物館ホームページ http://www.ris.ac.jp/museum/exhibition/data2.html

縄文土器や石器なども間近に見ることが出来、とっても貴重な体験が出来ましたるんるん

学生の皆さま、教科書では見たけど実際に縄文土器が見たいの!というアツい気持ちを持って博物館に行ってみてはいかがでしょうかハートたち(複数ハート)
大人の皆さま、学生の頃の勉強とはまた違ったゆっくりした雰囲気の中で歴史や考古学を感じることが出来る施設ですよハートたち(複数ハート)

開館日月・水・木・金・土(ただし、大学休業日を除く)
開館時間10時から16時まで立正大学開校140周年の記念すべき年に、是非立正大学を訪れてみてはいかがでしょうか?
くいしんぼうなエリもお腹がいっぱいになるおいしい学食も食べることが出来ますよレストラン喫茶店

番外編の立正大学はいかがでしたか?少しでも身近に感じてくださると嬉しいです(*^_^*)♡


--------------------------------------―
立正大学 熊谷キャンパス
埼玉県熊谷市万吉1700
п@048-536-6010
http://www.ris.ac.jp/





posted by 熊谷市商工業振興課 at 13:09| 立正大学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。