2012年09月10日

【番外編】立正大学 熊谷キャンパス Part2 前編

ハートたち(複数ハート)アリエリファンの皆さま大変お待たせいたしました!(アリエリファンっているのかな、エリ心のつぶやき)

8月下旬なのにまだまだ暑い熊谷晴れ
本日は緑が溢れ木陰がたっぷりクリスマスで自然のクーラーを体験できるかもしれない?
【番外編】立正大学熊谷キャンパスPart2をお送りしますexclamation×2

ロ〇グブレスのDVDを購入しスタイルの維持に励んでいる副課長わーい(嬉しい顔)(柔道がとっても強い、らしい)とアリエリの3人で訪問させていただきました黒ハート

今週のアリエリは!!
かわいい立正大学社会福祉学部社会福祉学科教授の堺 正一先生インタビュー
かわいい立正大学の宝物〜田中 啓爾先生の古地図を発見〜
かわいい大昔にタイムスリップ!〜立正大学博物館へ〜の三本をお送りします!!!(サ〇エさん風の勢いで読んでくださいね)

お魚くわえたエリ.png
(作 アリ画伯)

かわいいまず最初は、立正大学社会福祉学部社会福祉学科の堺研究室へ訪問〜!
DSCN0674.JPG
(本と手作りおもちゃが溢れんばかりのきれいな研究室)

すると、たくさんの小論文を添削している先生がいらっしゃいましたぴかぴか(新しい)
先生のモットーは「学生からの小論文はその日のうちに添削して返却する」ことだそうで、非常に丁寧に指導していらっしゃることに感動!
そして、柔らかい物腰と素敵な笑顔が印象的でしたわーい(嬉しい顔)
DSCN0671.JPG
(カラスの手作りおもちゃと先生)

かわいい堺 正一先生は「特別支援教育」を専門としていて、堺ゼミでは全ての学生さんが特別支援学校の教員を目指し、卒業生は県内を中心に活躍されています【特別支援教育ってなんだろう!?という方はこちらをクリック⇒「特別支援教育」(文部科学省のページにつながります。】

かわいいエリが堺ゼミに初めて出会ったのは、昨年の子ども大学くまがやの修了式でしたー(長音記号2)
アトラクションで「新 ブレーメンの音楽隊」演じてくれた学生さんたち。
黒ハート手作り感・そして温かさ溢れる心がほんわかするストーリー黒ハートを脚本から公演まですべて学生さんが行ってくれましたハートたち(複数ハート)
ブレーメン脚本写真.JPG
(新 ブレーメンの音楽隊脚本)

「自分がなんであろうと、相手がなんであろうと、どんな過去があり、今がどんな状況で、どんな未来が待っていようと、相手を信じ、受け入れ、絶対に見捨てないで、支えあっていくことが、現代の私たちにとって、特に大切なのではないでしょうか?」
劇中のセリフなのですが、このセリフにこそ堺先生のマインドがしっかりと受け継がれているんだな〜もうやだ〜(悲しい顔)とインタビューを経て思いましたひらめき

昨年LADY GAGAJIJI課長も新ブレーメンの音楽隊を見たときに「いや〜良かったよ、いい話だった!!」と大絶賛していましたグッド(上向き矢印)

ミュージカルを演じるうえで、堺先生がゼミ生に伝えることは「照れは捨てる」という事。
恥ずかしがり屋さんもみんな変わっていき、目標を持つことによって「学生は変わる!!」そうです目
ミュージカルはそのための『道具』なのだそうexclamation×2
協力し合い、共同作業を行うことで、ゼミ生は全員仲良し!共通点は、「子どもが大大だーいすきなこと」・「ボランティアは当たり前!の精神」を持っていること揺れるハート

DSCN0672.JPG
(歌も披露してくださいました)

かわいい研究室に入ると、カラフルですっごくカワイイたくさんのおもちゃが目に入ります黒ハート

4年間で堺ゼミ生はお金と時間をかけず、紙芝居や人形など遊びながら学べるような教材(おもちゃ)をパッとつくれるようになりますプレゼント
「学生(先生の卵)の子供への愛情」が「親から子供への愛情」に近づけるように・・・目の前の子どもに合わせた教材を作れるような教員を養成することが目標ですひらめき
「エリは不器用だからな〜」とこぼしたら先生がすかさず「子どもへの愛情があれば必ず作れるようになるものなんだよわーい(嬉しい顔)」と、、うむうむ確かに。

かわいいインタビューを通して、先生は温かい黒ハートハート黒ハートをお持ちで、座学だけでなく実践的に教員の養成を行っているなという印象を受けましたぴかぴか(新しい)
「教員」になるためのゼミではなく「どんな教員」になりたいのかを考えさせてくれるようなそんな先生でしたひらめき
堺先生ありがとうございましたわーい(嬉しい顔)

後編は、立正大学の宝物〜田中 啓爾先生の古地図を発見〜、大昔にタイムスリップ!〜立正大学博物館へ〜
をお送りしますぴかぴか(新しい)
お楽しみにリボン

--------------------------------------―
立正大学 熊谷キャンパス
埼玉県熊谷市万吉1700
п@048-536-6010
http://www.ris.ac.jp/


posted by 熊谷市商工業振興課 at 15:32| 立正大学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。