2012年05月08日

【番外編】立正大学 熊谷キャンパス Part1

今日は番外編で、熊谷市内にある
立正大学(りっしょうだいがく)熊谷キャンパス(地球環境科学部、社会福祉学部、法学部)を訪ねましたexclamation
立正大学は、今年開校140周年を迎えました!おめでとうございます!

さらに、ニュースですexclamation×2
立正大学熊谷キャンパスは春には桜並木がとてもきれいなんですよかわいい
DSCN0653.JPG

DSCN0654.JPG
(2012.4.8撮影したときは、まだ2分咲きでしたあせあせ(飛び散る汗)
いかがですか〜?!、これぞ日本の風景といわんばかりに立派な桜並木がありまするんるん
来年はぜひ散策してくださいね★

ひらめき立正大学の敷地は、約35万uなんと東京ドーム(46,755u)7.5個分なんですよ!豊かな自然に溢れ、ラグビー場や野球場などのスポーツ施設やとってもきれいな学生寮(ユニデンス)もあり、外国のキャンパスのようなスケールです黒ハート
立正大学熊谷キャンパス 地図.gif

アリエリもこんな自然たっぷりな環境で学びたかったです!豊かな自然で感性も豊かになりそうかわいい
大学の構内には、地域に親しまれている大学として学生だけでなく子どもからおじいちゃん・おばあちゃんまでが散歩をしたり、くつろいだりしていますわーい(嬉しい顔)

ひらめき立正大学のブランドビジョン
「モラリスト×エキスパート」
ここに込められた思いとは、「モラル」を基盤として学生ひとりひとりが「これだ!」と追求したくなる専門分野を見つけこの世界をより良いものにしていく原動力となる人材を輩出していくことだそうです。

ひらめき今回は、はじめに学内にある『子育て支援センターベアリス』を訪問しました。

033.JPG

リボンベアリスとは?
2011年4月に市内17番目の子育て支援拠点としてオープンしましたぴかぴか(新しい)
親子(対象は未就学児のお子さん)で自由におもちゃや絵本を利用できる遊び場が提供され、体操や行事なども体験できますぴかぴか(新しい)
030.JPG
(絵本コーナー)

手作りのおもちゃや木のおもちゃがあったかい雰囲気をつくりだし、天井も高いのでとっても開放感のある空間です晴れ
IMG_2695.JPG
(お母様の許可を得て特別に撮影しています。)

リボンベアリスの特徴は、なんといっても立正大学社会福祉学部内にあることexclamation×2
スタッフとして保育士が常駐し、親子とベアリススタッフの交流だけでなく、学生(おにいさん・おねえさん)との交流も図れます!
他にも、専門家のバックアップも受けられます。社会福祉学部の教授の方に無料で相談することもできるそうですよるんるん

さらにさらに、社会福祉学部の先生の手作りおもちゃや、ドイツ製のおもちゃがたくさんあって、おうちとは違ったおもちゃで遊べます揺れるハート
023.JPG

ひらめきスタッフの方にインタビューるんるん
リボン「ベアリスってずばりどのような場なんですか?」
『親子が主役なんです』
親子が一緒に遊びながら、親同士・子ども同士のコミュニケーションができて保育園、幼稚園とはまた一味違ったおもしろさがあります揺れるハート
取材の時にいらっしゃった親子さんもはじける笑顔で、時折笑いも起きていて、みんなで子どもの成長を楽しむ、という環境ができあがっている印象を受けましたわーい(嬉しい顔)
お母さん同士が友達になり、学食でランチをしながら、「どこの幼稚園にするの?」「〜のファミレスは子供用のいすがあるよ」など積極的に情報交換を行っているようですぴかぴか(新しい)

リボン「ベアリスってどうやって参加できるんですか?」
ベアリスの登録料は無料
火曜日から土曜日の9時10分から14時10分まで開いていますよexclamation
熊谷市の人はもちろん滑川町や東松山市からの参加者も多いようですぴかぴか(新しい)

エリは、アリが父親のような眼差しでおそるおそるお子さんと接しているのを見て、本当に驚きを隠せませんでしたもうやだ〜(悲しい顔)
アリはきっといいお父さんになりそうです(笑)婚活中だそうなのでお早めにー(長音記号2)

032.JPG(スタッフの皆さん)
ベアリススタッフの皆さん、いらっしゃったご家族のみなさん、ありがとうございました。
立正大学近隣の未就学児のお子さんをもつ方はぜひぜひ行ってみてはいかがでしょうか?るんるん

ベアリスからの帰り道、お兄さんに遭遇!急きょインタビューを受けてくださることに!!
突然の訪問を温かく迎えてくださった方は、
『ボランティア活動推進センター(通称:ボラセン)』にいらっしゃいます揺れるハート

ひらめきボラセンって?!
学生のボランティア活動のサポートボランティア情報の収集・提供、そしてボランティアを希望する学生とボランティア先との橋渡しを行っています。地域の皆さんから頼りにされているとの実感があるそうですよ揺れるハート
さらにボランティアの依頼は、個人・団体を問わず受付けているそうですよわーい(嬉しい顔)

今回は、ボラセンの運営スタッフである立正大学社会福祉学部大学院生の藤井さん(今春卒業)にお話を伺いました黒ハート
036.JPG

リボン「どれくらいの学生が登録されているんですか」
学生の登録数は約1000人!熊谷キャンパスの学生全体の4分の1にあたるんですってクラブ
社会福祉学部の学生全員のほかに地球環境科学部、法学部の学生も登録されているんですってぴかぴか(新しい)
意識が高い学生がとても多いなという印象を受けましたグッド(上向き矢印)

学生スタッフ約30人で運営し、年間の目標をつくって取り組んでいるそうですよるんるん
藤井さんは、学生スタッフが主体的に取り組めるようにアドバイスをしているそうです!!

リボン「地域の皆さんが参加できるイベント等はありますか」
毎年、秋に行われる立正大学の学園祭 星霜祭では、ボラセン主催のシンポジウムが行われています。
昨年は被災地で支援活動を行った医療関係者が講演をされ、非常に臨場感のあるお話を伺うことができたそうです。一般の方の来場も受け付けているそうなので、今年の秋にはぜひ足をはこんでみてくださいね。

ひらめき最後に・・・
藤井さんがインタビューを通しておっしゃっていたことは、
ボランティアは社会資源の一部であるから、地域のニーズに応え、みんなが活用できるボラセンにしていきたいということ。
アツい情熱をお持ちの藤井さん。ボランティア活動を通じて地域とのつながりを持つことをとても大切にしていらっしゃる印象を受けました。

ご協力いただきましたみなさん、ありがとうございました!!
035.JPG(学内にあるてづくりオブジェ)

近日公開予定のPART2では、社会福祉学部の教授インタビュー、立正大学博物館・図書館の様子をお知らせします!

--------------------------------------―
立正大学 熊谷キャンパス
埼玉県熊谷市万吉1700
п@048-536-6010
http://www.ris.ac.jp/
(※今回の写真はご家族の方の了承を得て掲載しています。無断転載等は固く禁じます。)




posted by 熊谷市商工業振興課 at 16:31| 立正大学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。